スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

東出融氏の心体ワークショップ・東京にて開催

 2007-10-21
皆さんに素敵なワークショップをご紹介致します。


「昔の知恵を見直し、日常のしぐさを美しくすれば環境問題がよくなる」と
考え、昨年の11月に立ち上がった任意団体『Shaking Spirits』による
東京でのワークショップを開催致します!

また、『Shaking Spirits』では
現在、静岡県伊東市の後援をいただきながら社会貢献参加型観光ツアーと題し、
伊豆の森林で、森林伐採のボランティアをしながら身体性を高める講座を行ったり、
全国各地で「環境と身体をつなぐワークショップ」を行っております。

この度、東京でもShaking Spiritsのメイン講座・『東出融氏の心体ワークショップ』
を開催致します!!
今回は、ヨーロッパにおける教育と音楽と環境の歴史を見ながら
身体の使い方を学んでいきます。
身体から理解していくことですので、歴史など知らない初心者の方でも
大丈夫です。


11月10日(土)
11時半:入場 12時:開始~14時半:終了 ★その後3Fにて交流会
場所/国分寺カフェスロー http://www.cafeslow.com/
参加費/5000円(1ドリンク付)


~東出 融(ひがしで とおる)氏プロフィール~

カンパニーハーツ主宰。3歳よりクラシックバレエと武術を習い始める。
高校時代より、アルバイトをしてはアメリカでバレエのレッスンを受け始め、
卒業後に渡米。
振付家としての興味に目覚め、セントラルパークで即興ダンスを踊るうち、
プロのコリオグラファーに見い出されブロードウェイで振付けの仕事をするようになる。
しかし、力で動いていたことにより両足ハムストリングスを切断。
当時、解剖学先進国だったアメリカで、自身の身体を実験台にしながら、
手術によらない回復を目指し車椅子の生活をすること2年、完全復帰を果たした。
その過程で、色や味覚で動く自律神経から運動を繰り出す身体の使い方に気づきはじめ、
現在の指導法の基礎を築く。
帰国後は、バレエ教室を開設し指導にあたるが、都内でも規模の大きいスタジオになる中、
鏡に向かって懸命に腹筋を引き上げているつもりが、
実は肝臓や膵臓を固めているだけの生徒を見るにつけ、
「一対多」のレッスンに限界を感じはじめる。
その後、骨格も性格も生活様式も違うひとり一人の身体に向き合うため、
「身体にかかわるすべてのことの本質はひとつ」として、人体構造科学研究所を立ち上げ、
サイエンスバレエ教室、運動能力回復教室、自然治癒力回復教室を展開、
バレエだけではなく、すべての踊り、スポーツ、武道、発声、演技、楽器演奏など、
それぞれに体系化され発展してきた文化を「動き」の視点で捉え、
プロ、アマ、身体の障害、心の病、様々な持病に係わらず指導を行ってきた。
現在は、これらを「ボディコントロールレッスン」として統合し、
感覚によって動く筋肉を目覚めさせ、
その筋肉の動きで全身をコントロールするための指導を行い、
最終的には、身体全般を良い状態に維持するための特別な練習や時間を省き、
生活の所作によって運動機能や感覚を鍛えることを目標としている。
自然環境問題にも関心が高く、意識脳ではなく、
感覚脳で生み出される表現やアートの可能性を探究しながら、
こうした問題にも警鐘を鳴らすべく、世界各地を踊り巡る企画を準備中。
今回のワークショップはその計画の一環であり、高知を皮切りに全国で展開されている。


<お問い合せ>
shakingspirits@yahoo.co.jp




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sugaizanaitokyo.blog82.fc2.com/tb.php/136-0e2e85a3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。