スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

未来の子ども達に贈るプロジェクト

 2006-12-27
奨

横浜に行ってきました。

今年春頃から進んでいるビッグ・プロジェクト
「未来の子ども達に贈るプロジェクト」
その打ち合わせです。

日本の文化の素晴らしさを伝え、それを担う人々の心に触れてもらいたい。未来の子ども達に残していきたいものが、歴史の中にはたくさん散りばめられています。

畳職や襖職などの分野で日本を代表する職人たちが集まったグループ「和をつくる会」と「IZANAI須賀連」とがひとつとなって、それぞれの専門分野を活かし、あの祭りに参加します。


・・・あの祭り?
それはまだ言えないな(笑)


「和をつくる会」代表で畳職の革命児・植田さん、現地受け入れを担当してくださる田中さん、そしてオーガニック住環境を手がける鈴木さん。

横浜駅前で、忘年会ばりに飲みながら盛り上がった~~~!

伝統の良さを理解してもらうとともに、伝統を受け継ぎつつ新しいものと融合して産み出されたものの素晴らしさ、未来への可能性を感じてもらいたい。子ども達がそれを受け継ぐ環境を、今、私たちが作って彼らにバトンを渡さなければ、大変なことになってしまいます。

世界から注目されている日本の「和の心」。それは、ただ伝統があるから注目されているというわけではありません。自然と一体となった生活の中で生まれてきた知恵、技、そしてスピリット。さらにそれらが、変革を恐れず、良いものを受け入れる器をもち、工夫してさらにより良い物を作り出してきたから。そこに、大和魂の神髄があるようです。

誇りを持って和を伝えにいこう。

詳細は、あらためてプロジェクト班よりお知らせします。


「和を以って 結ばれしこの想い 届け 響け 祭りの心 永久(とわ)に」
スポンサーサイト
タグ :
コメント
あれ?田中さんはまだ日本にいらっしゃたの?それとも、又来日したのかしら?あいかわらず忙しいね。みなさんによろしくお伝えくださいね。体をこわさない様にね。
【2006/12/27 15:21】 | 國友須賀 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sugaizanaitokyo.blog82.fc2.com/tb.php/18-c6e4d9aa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。